HOME > キャリア支援

キャリア支援 Carrier

現場で求められる安全性とマネジメント力

総合的なマネジメント力で未来を拓こう

フードビジネス業界では、輸入食品の増加、農薬や食品添加物、食品衛生管理、食習慣や国民の健康状態やニーズの変化といった課題に、科学的知識や技術をもって柔軟かつ的確に対応でき、実践的な専門知識を持った人材が必要とされています。

その現場で問われる能力としては、経営センスや流通、マーケティング、氾濫する情報から取捨選択する力、そしてそれを分かりやすく情報を伝えるコミュニケーション力を併せ持つことが大切です。

しかしながらこれらの現場では、特定の資格を必要とする職域がほとんどないのが実状です。そのため「食安全マネジメント学科」では、資格取得よりも個々の能力を高めることに力を注いでいます。食のサイエンスとマネジメントをバランスよく学び、生産者から消費者につながる流通の各過程で総合的に貢献できる人材を育成します。

身につく力

フードビジネスでの活躍をめざして

フードビジネスでは、食品の安全性を第一に、生産・流通・販売の各過程で科学的な知識や能力に基づきマネジメントして情報を発信する事と、マーケティング調査などにより消費活動の内容を把握して新商品の企画、開発を行う事が大切になります。そのため、科学的な食品の知識と企業活動に代表されるビジネス双方の知識、技術、能力をもった人材へのニーズは高いといえます。本学科はこのような人材の育成を行います。

キャリア科目の体系

本学における「キャリア科目」は、「キャリアコア科目」を含む一般教養科目および各学科の専門教育科目の総体から成り立っています。皆さんは、これらの科目を「キャリアデザイン・ポリシー」に沿って体系的に履修することで、専門を活かした職業に必要な知識、技能、能力や態度を修得します。