HOME > 学科概要

学科概要 Course

期待する学生像

食に関する科学的知識と食のビジネスの双方を学びたい学生。
食品ビジネスでグローバルに活躍できる仕事に興味がある学生。

学科で習得できること

1

食と食品の安全性を学ぶ

食品の種類、成分、機能、加工方法、食品の保存方法、衛生管理や品質管理、企画、開発など食と食品の安全を、人の身体のしくみとあわせて学びます。講義ばかりでなく、豊富な実験実習科目を通して科学的な根拠に基づく理論を体系的に身につけます。

2

食の現在と未来を学ぶ

ヨーロッパ・中国・日本など、その土地に根付いた食文化と歴史の学びを通してこれからの食生活と食文化を考える力をつけます。更にグローバル規模での穀物・食料資源の生産や消費動向についても学びます。

3

フードビジネスとマーケティングを学ぶ

食品ビジネスに携わる企業の業務、業界の最新動向、製品開発やマーケティングの基本について学びます。企業のライブ課題に取り組み提案を行うグループワークを通して実践力を養います。

4

企業・地域コラボプロジェクト実践から学ぶ

学科では2年生から企業や地域とコラボレーションしながら食や健康、マーケティングやビジネスについてプロジェクトを通してアクティブに学べる機会を提供しています。プロジェクトは毎年変わります。

5

留学・海外研修でグローバル体験をする

昭和女子大学のボストンキャンパスでは8月のサマーセッションと春期の15週プログラムの双方で食にフォーカスをあてたプログラムを用意しています。また春休みを利用したイタリア食文化研修ではパン工場やチーズ工房見学、中部イタリア料理や菓子作り実習、トリノ大学との交流会が体験できます。

宇宙食カフェメニュー開発プロジェクト

宇宙食の開発は今まで聞いたことがなく、できたらとても楽しいだろうなと思い、参加しました。プロジェクトでは、JAXAに行って宇宙食について学んだり、働いている方からお話を聞ける機会がありました。宇宙食についての基本的な知識や、宇宙で食事をするという非日常的な状況を想定しなければならないことを学び、様々な目線で物事を考えられるきっかけになりました。

2019年度はJAXAの中沢博士をお招きし、宇宙食についての講演会をしていただきました。そして班ごとに「カフェで提供できる宇宙食」をコンセプトに何度も試作を行いました。お客様の興味を引くような商品・宇宙食らしさとは何かを考えながら商品開発を行う難しさを体験することが出来ました。試食会では実際に商品開発を行っている方々から価格設定・提供方法などの商品化に向けたコメントをいただきました。2020年度も開発を続けて商品化を目指します!

昭和女子大学×ビジネスコンテスト

3年生2チーム計12名がマーケティングリサーチ大手のマクロミル社主催「マーケティング戦略立案コンテスト『EDGE』2019」に応募しました。

セブン&アイHLDGS.課題に取り組んだMb.childrenチームは、「若者のエシカル消費を促進するために、セブンプレミアムとして有効な施策・商品を考えよ!」についての解決策を、ユニリーバジャパン社の課題に取り組んだあまとう府チームは、「家でいれる紅茶を若年層にも拡大していく方法とは?」について解決策を提案しました。


どちらのチームも215チームがエントリーした予選を見事に通過し、プレゼン決勝大会に参加しました。そして、Mb.childrenは優勝!あまとう府は、3位入賞でした!
また、後日、Mb.childrenチームはセブン&アイHLDGS.本社でプレゼンを披露する機会をいただき、大学からはSTUDENTS OF THE YEARを受賞しました。 後輩にもぜひ参加してほしいコンテストです!!!