HOME > 留学

留学 Study abroad

海外で学ぶ

食安全マネジメント学科は、留学は必須ではありませんが、奨励しています。この学科では、留学時期を選べる自由度が高いです。ボストンのサマーセッションと春学期の15週間プログラムではフードビジネスの選択科目もあります。この他、イタリアやオーストラリア等の留学プログラムも多数あります。

ボストンサマーセッション:フードマネジメントプログラム

昭和ボストンのサマープログラムは1年生から参加できます。講義に加えて人気のレストラン、世界規模の給食会社、最先端の安全管理体制を持つ食材配給会社の現場見学をします。アメリカの食品産業の実態や課題、多様な食生活を日々、肌で感じることができます。

ボストンサマーセッション 参加者インタビュー

神奈川県立横浜平沼高等学校出身
A.Nさん
[留学時:1年]

私は英語が苦手で、大学に入るまでは留学に対する意欲はほとんどありませんでした。しかし昭和女子大学に入り、昭和ボストンという環境の整った場所があることを知り思い切って参加してみました。昭和ボストンのフードマネジメントプログラムでは一般英語だけではなく食に関する専門英語の勉強やアメリカの大学の食堂、ボストンの有名レストラン、外食産業に食材を配給するSysco社の工場などを見学しました。多民族国家ならではの食文化や習慣を間近で体験することができ、有意義な時間を過ごすことができました。放課後や休日は自由に外出し、ボストンを満喫しました。またオプショナルツアーでは1泊2日でニューヨークに行き素敵な経験をすることができました。短い1ヶ月でしたが、1年生のうちに留学を体験できたので次はボストンの15週間プログラム留学に挑戦してみたいと思います。

福島県立磐城高等学校出身
M.Kさん
[留学時:2年]

私はアメリカの食文化や食品の安全性を保つために行われていることはどんなことか、日本とは違うのかを実際に目で見てみたいと思い、留学に参加しました。 プログラム別授業で、フードマネジメントプログラムに参加していたため、アメリカ発祥の食べ物について学んだり、実際に工場やレストランに行ったりととてもアクティブな授業でした。一番印象に残っているのは北米最大規模を誇るフードサービス企業である「Sysco」の工場に行き、食品中の微生物を増やさないためにその食品を置いている巨大な冷凍庫に入ることができたことです。 私はこの留学プログラムに参加して、怖がらずに挑戦する力を身に着けることができたと感じています。この挑戦する力をこれからの就職活動にも活かしていきたいです。

春期プログラム参加者インタビュー

品川女子学院高等部出身
M.Oさん
[留学時:2年]

春期イタリア食文化研修

昭和女子大学の春季イタリア食文化研修では、食文化だけでなくテーブルマナー・サービスが学べる他、ワインについての授業もあると知り参加しました。 講義や調理実習、工場見学だけでなく、トリノ大学の学生とピザパーティーを開いたり、観光をしたりと充実した日々を過ごせました。自分で行く時では出来ない経験がたくさん詰まった研修だったと思います。 また、現地の人と交流することで、今までは興味を持たなかった伝統文化や生活についても関心を持つようになりました。他国を理解する力、自発的な行動、先入観に囚われずに考える力を身に着けられました。これらを将来多くの場面で活かせるようにしたいです。

本庄第一高等学校出身
R.Bさん
[留学時:1年]

春期クイーンズランド大学英語研修

私は高校性の頃から大学生になったら留学をしたいと強く思っていました。 オーストラリアのクイーンズランド留学プログラムでは英語の授業はレベル別で行われます。クラスメイトや先生は明るく、優しかったので良い環境の中、勉強することができました。平日の午後と土日は自由時間になるので週末に友達とシドニーまで行きました。 このプログラムでは留学中、現地の家庭に滞在します。私のホームステイ先はホストマザーのみでしたが、こんな機会はなかなか無いと思い、積極的に話をするようにしました。週末は彼女の親戚の家に行って、ランチをみんなで食べたり、プールで遊んだりもしました。彼女のつくってくれた美味しいディナーをバルコニーで食べることもありました。海外の生活に憧れていた私にとってこのような経験ができたことは大変嬉しかったです。 初めての海外で不安なこともありましたが、このホームステイ型留学プログラムで多くの貴重な経験をしました。今後に活かしていきたいです。

春期ボストン15週間プログラム参加者インタビュー

東京学芸大学附属
国際中等教育学校出身
M.Sさん
[留学時:2年]

高校生の時に多くの帰国子女の人と話す機会が多くあり考え方の違いがあると感じ、その考え方になった環境を知りたかったので留学することにしました。また、留学は学生のうちにしか出来ないので思い切ってチャレンジしました。 留学中に、ブリティッシュスクールの小学生たちに折り紙の折り方を教えました。丁度クリスマスの時期だったのでサンタさんとトナカイを折りました。折り紙を初めて触るような子たちも多く、1枚の紙が形になっていく所を楽しんでくれていて日本の小学生とは違う反応をしていたので面白かったです。 留学で語学力はもちろん、他文化理解ができるようになりました。 今まで日本でしか生活していなかった為、他文化に馴染まなくてはいけない状況がなく他の国は全く違う文化があるという事を知識として知っているだけでしたが、実際に行ってみることによって他の文化に触れるということがどういう事なのか知ることができました。新しい文化を知ることによって柔軟な発想が生まれるようにもなりました。

神奈川県立新城高等学校出身
C.Tさん
[留学時:2年]

以前から留学に興味があって、大学生活のうちに留学をしてみたいと思っていました。昭和女子大学の長期15週間ボストン留学プログラムのボストンでの授業で単位が取れることやセキュリティ面がしっかりしていることなどに魅力を感じ、留学プログラムの参加を決めました。 平日は毎日英語の授業がありました。クラス分けされた少人数制の授業だったため自分に合ったレベルの授業を受けることができました。英語が不得意だったためはじめとても苦労しましたが、だんだんと先生の英語が聞き取れるようになったり英語で質問ができるようになったりして楽しく授業を受けられるようになりました。また、季節に合わせた行事や現地大学生との交流などの貴重な体験は私にとって留学生活でのとても大切な思い出です。 留学を終えて、英語力が向上しただけでなく、より海外に興味を持つようになりました。今までは海外旅行もあまりしたことがなかったのですが、留学を終えて様々な国に行って色々な体験をしてみたいと思うようになりました。そのときに役に立つのは英語です。まだまだ不十分な英語力なので、ボストンで学んだことを忘れないように自分なりに英語学習をしていきたいと思います。